【ワインを飲むと痩せやすくなる。】って本当?

【ワインを飲むと痩せやすくなる。】って本当?

飲むと痩せる

アルコールは太りやすい、体に悪いと敬遠している方たちに朗報です。

主に体に悪影響を与えるのは「お酒」ではなく「糖質」です。そして、糖質が含まれていない蒸留酒はウィスキー、ウォッカ、焼酎などです。逆に糖質が多く含まれているのはビール、果実酒、日本酒などです。ビール好きの方は最初の1〜2杯はビールでその後ウィスキーハイボールなどに切り替える事をオススメします。

ワインの健康効果を具体的に解説

ワインは血糖値を上げず健康に良い!

ワインは糖質をやや含むものの血糖値の上昇が抑える働きがあります。むしろ糖質が0のジンを飲んだ時よりも血糖値を抑えています。それ以外にも以下のメリットがあります。

【白ワイン】
・白ワインは特に利尿作用が高いのでむくみをとる効果。
・大腸の悪玉菌を減少させる。

【赤ワイン】
・大腸の悪玉菌を減少させる
・ポリフェノールによる抗酸化作用。血管を若く保つ!
※もちろん白ワインにも赤ワインより少ないですがポリフェノールは含まれています。

フランス人の不思議

フランス人の不思議

1990年代、赤ワインの健康効果が発見されました。フランス人は肉や乳脂肪を沢山とっているにもかかわらず、心臓病患者が少ないことがわかりました。これを「フレンチパラドックス」といいます。理由は言うまでもなく「赤ワイン」を飲んでいたからです。

最強の飲み方

最強の飲み方

栗原クリニック東京・日本橋院長の栗原毅(くりはらたけし)さんの著書「カラダにいい飲み方」で記載されている一文を紹介します。

高カカオ・チョコレートのカカオポリフェノールの抗酸化作用は特筆すべきもの。しかも、血圧を下げる、血糖値を下げる、中性脂肪を下げる、自律神経を安定させるなどミラクルな働きをしてくれる。

つまり!高カカオチョコレートと赤ワインを飲めば最高の健康効果が得られます!

まとめ

日頃、お酒を沢山飲む方はお酒の知識を学んで損はないと思います。休肝日を作ったり、無駄に健康に気を使ったりせず、正しい知識でお酒を楽しんだほうが良いお酒生活が送れると思います!

タイトルとURLをコピーしました