【ビールは健康におすすめ!?】

ビールは健康におすすめ!?簡単に解説。

ビールは体に良い

私はほぼ毎日お酒を飲みます。特にビールは毎日飲みたいです!
お酒好きの方ならビールを毎日飲みたくなりますよね?
そこで、ビールの栄養や効能を理解していればお酒好きの方でも安心してビールが楽しめると思います!
ビールの効果を徹底解説致します。

ずばり。ビールの効果は?

全てのアルコールに共通して、「適量の飲酒は、飲まない人より長生きする」とさまざまな論文で発表されています。適量の飲酒には、大腸ガンや動脈硬化・心筋梗塞などのリスクを下げてくれる効果があり、適量を守れば健康にいいと言えます。なかでもビールは、ほかのアルコールよりも健康になれる秘密があります。しかし、糖質の代謝を促すビタミンB群が含まれており、やはり適量というのが大事。そして、「ホップ」の成分が体にいいんです。それが「抗酸化物質」なんです。

病気というのは「体の酸化」は、活性酸素が原因である場合が多い。「老化」の原因となる物質ですが、この活性酸素を無害化してくれるのが抗酸化物資なんです。

さらにホップには抗酸化作用の強いポリフェノールが含まれていて、ワインよりも体内での吸収性がよいのです。ポリフェノールは脳の活性化、血管の若返り、骨を強くしたりする効果を持っていて、認知症、動脈硬化、骨粗しょう症の予防になりうると多くの研究で確認されています。

でも、結局アルコール!体への影響は

皆さんは「ビールで通風」。このフレーズをよく聞きませんか?
誤解です。
缶ビール350mlに含まれているプリン体は約20mg。鶏肉では100gに122.9mgという量を比べると、わずか6分の1程度の量です。ちなみに、焼酎やウイスキーなど、プリン体を含まないお酒でも体がアルコールを分解する際には尿酸値が上昇するんですよ。
通風のほどんどは食べ物ですよ!

最高にビールを楽しむには

ビールのなかでも、抗酸化作用が強いホップがたくさん使われたビールがおすすめです。そのなかでもIPA(インディア・ペールエール)といわれる、苦味が特徴的なビールです。通常のペールエールよりもホップが大量に加えられているので、病気を予防し、健康増進にはふさわしいと言えます。

また、新ジャンルのビールはプリンタ体が少なかったり0のものが多く味もレベルが上がってきているので、是非試してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました